太陽光発電の仕組み

太陽光発電

色々なエコ発電方法

地球温暖化問題に備えて、二酸化炭素を排出しない発電方法や排出しても微量で済む発電方法が増えてきました。昔はエコな発電方法といえば水力発電がその割合の殆どでしたが、最近では地熱の力や風、太陽光を利用した発電もあります。その中でも一般家庭にも広く浸透している発電方法が太陽光発電です。

太陽光発電の仕組み

一般家庭の屋上でも利用することができる太陽光発電は、年々導入する家庭も増えてきていて、宮城でもメジャーな発電方法となっています。太陽光発電は、複数の太陽電池を利用することによって、太陽光エネルギーを電力に直接変換していきます。光が太陽光電池に照射されることにより、太陽電池の半導体が動くことで電気を作ることができます。

太陽電池の種類

太陽光発電で利用される太陽電池には異なる素材で作成されている種類があります。太陽電池にはシリコン系、化合物系、有機系の3種類があり、現在主流として使われているのはシリコン系になっています。シリコン系太陽電池は世界の太陽電池生産量のなかでも約8割を占めています。また、太陽電池単体の事をセル、太陽電池を板状に複数繋げたものをソーラーパネルといいます。一般家庭ではこのソーラーパネルを幾つか並べて太陽光発電をしますが、広い土地に沢山のソーラーパネルを設置して大きな力を生み出す事もできます。そうした大量のソーラーパネルで電力を生成している発電施設をメガソーラーと呼びます。

適切な設置場所は

太陽光発電に設置されるソーラーパネルは、主に日射量が多くて広く面積が取れる場所に適しています。そのため、一般家庭でソーラーパネルを導入する場合は屋上や屋根の上が最も適しているといえるでしょう。煩わしいメンテナンスも殆どないという点から、消費電力の削減や災害による非常用電源の確保として自宅に導入する家庭も増えています。

広告募集中