【PR】
太陽光発電の設置は宮城にある業者へ。
安心して利用できるサービス☆

太陽光発電を導入する人が増えている

作業員

太陽光発電と蓄電池

自宅に太陽光発電を導入する人の中に、合わせて蓄電池を導入する人も増えてきています。最近の蓄電池の中には、大型かつ分電盤に繋いでもダブル発電にならないものがあります。ダブル発電扱いとなってしまうと売電単価が下がってしまうので注意しましょう。

蓄電池だけでは損をする

国から補助金が大量におりるということもあって、蓄電池だけを購入する人も居ますが、蓄電池だけが生み出す金銭的なメリットでは購入時の金額を上回ることはできないと言われています。

同時に導入するメリット

太陽光発電と蓄電池を同時に導入することにより、日中帯の電力の買取価格を割高にすることができます。その分深夜帯の買取価格は下がりますが、それでもプラスが出やすいということから双方を導入している家庭が増えています。

一般家庭でのソーラーパネル設置の流れ

取扱店での相談

まずは住宅用太陽発電システムを取り扱っている店舗にて設置が可能かどうかの相談をします。期待される発電量や設置方法についての説明を受けることになりますので、不明点は確認しておくようにしましょう。

取扱店の現地調査と見積もり

取扱店の担当員に、実際に自宅を訪問してもらって現地調査や見積もりを立ててもらいます。設置を決めたら本契約となりますが、この際に契約書は忘れずもらうようにしておきましょう。

ソーラーパネル設置工事

工事は大きく分けてパネルの設置と配線、モニターの取り付け、パワーコンディショナーの接続という3つの工程があります。基本的に本工事は1日から3日程度で終了しますが、屋根の構造により足場が不安定な場合は、足場を作ってからの作業となるため1~2週間程度かかる場合もあります。

引き渡しと説明

竣工検査成績書の引渡しと同時に説明を受けます。保証の申し込みなども基本的にはこのタイミングとなります。トラブルがあった際に自身で補修などが難しいものであるため、長期の保証が最適と言えるでしょう。

発電開始

取引が完了し、いざ発電開始となります。天候に左右されることもありますが、太陽光から安定して電力に換算していけるため、家庭の電気代を削減していくことができるでしょう。

太陽光発電の取扱会社

地域密着型から全国チェーンまで、太陽光発電を取り扱っている会社は多くあります。口コミなども参考にしながら自身にあったサービスを行ってくれる店舗を探しましょう。

広告募集中